育毛剤 評価

アルバイトのまかないが私の生命線であり毛生え薬につながったのだ

名古屋市在住 M.Kさん(32歳)
アルバイトをしている私にとってはいろんな贅沢をすることができません。例えばみんなサラリーマンの人達は週末になったら飲みに行ったりしていますが、私にはできません。自由に飲みに行くことはできず、何回かは断らないとお金が足りなくなります。

また趣味にもお金をつぎ込めなくなります。適当にお金を使う時もありますが、毎週末お金を使うようなことはできません。だから家の外に出ないで節約をすることもありますし、図書館などお金のかからない所で過ごすときもあります。そうやって生活が成り立つのです。

私にとっては当たり前ですが、出来ればもうちょっと裕福になりたいなとも思っていたんです。そこで貯金をしていましたが、私がこの貯金で育毛剤を買おうと思っていたのです。育毛剤は高いですから、貯金しないときついんですよね。

育毛剤を買うために貯金をするのに役だったのはまかないでした。アルバイトをしている先ではまかないを出してくれるので、その賄いを毎日腹いっぱい食べるようにしたのです。そうして一食、場合によっては二食分を浮かせることができました。

そのおかげでやっと評価の高い育毛剤を買うことができたのです。毛生え薬の中でも評価が高いこの商品はかなりの値段がしましたが、まかないで食費を削ることでやっとアルバイトの私でも買うことができたのです。逆に言えばここまでしないと買えない苦しさとも言えますが。

今は発毛を実感できていないのですが、きっとこれを半分くらい使い切った所で、育毛剤の効果を知ることができるんだろうなと思います。アルバイト先の人たちも私が髪の毛が増えていることにきっと半年後くらいには驚くのだろうと思うと、わくわくしますね。

せっかく貯金して頑張ってまかないで食費を節約して買った育毛剤です。高い評価通りにちゃんと髪の毛を発毛させて欲しいと思います。これで自分にとっては全く効果がなかったとなれば、悔やんでも悔やみきれないですからね。

育毛剤だけでホントに発毛などに効くのか?原因追及で悩み解決!

ハゲ・薄毛・抜け毛は、中高年の男性だけの悩みではなくなってきました。若い男性や女性にもこのような症状が見られるようになり、「対岸の火事」とは言えなくなっています。

この対策は、育毛剤や発毛剤の使用が主なものといわれています。これらは、国産から海外製まで非常にたくさんの種類が出回っており、「あれが効いた!」と聞けば使ってみるといったことが繰り返されているようです。しかし、育毛剤や発毛剤は、医薬品だったり医薬部外品だったり、塗り薬だったり飲み薬だったりと様々で、効果も様々になります。一方ハゲ・薄毛・抜け毛も症状や原因が人それぞれですので、その症状に合ったものでないと「効く」ということは考えられませんし、原因を取り除かなければ、改善は見られません。

ハゲ・薄毛・抜け毛の原因といえば、ストレス、生活習慣、無理なダイエット、喫煙、血行不良、病気(薬)などといったものが挙げられます。髪も体の一部ですので、体はもちろん精神的にも健康でないと、抜け毛から始まり薄毛・ハゲへと進行してしまいます。まずは、現状より症状を悪くさせないために、これらの原因をなくすことに取り組んでみましょう。これらの原因がなくなれば、少なくとも現状維持となります。その上で、育毛剤や発毛剤を使用することにより、その本来の効能を発揮してくれるはずです。

残念ながら、育毛剤や発毛剤の効果は、今日明日すぐに出てくるものではなく、中長期の間使用を継続して初めて効果が表れるものです。症状により、効果が現れない場合も十分にありますので、焦りは禁物です。規則正しい生活、栄養のバランスを考えた食事、適度の運動、ストレスの発散、病気の治療をした上で、気を楽に継続したケアを続けていきましょう。

効果を実感したいなら「発毛剤の使い始めの注意点」

あなたの症状はどんなものですか?抜け毛が多い、薄毛、M字ハゲ、頭頂部ハゲと髪の悩みは人それぞれです。この原因もそれぞれです。髪の毛は体の一部ですので、こうした症状があるのであれば、頭皮をはじめとした体の異常が発生しているのかもしれません。

ドラッグストアなどで、男性用のみならず女性用の育毛剤も陳列されるようになってきました。それだけ悩んでいる方が多くなったという証拠ですが、その育毛剤を何の知識もなく使い始めるのには、ちょっとしたリスクがあるんです。育毛剤には、男性ホルモンを抑制するもの、皮脂の過剰分泌を抑えるもの、血行を促進するものというように様々な効能をもつものがあり、薄毛や脱毛の原因などが分かっていないと、まったく効果がでないということになります。効果がないということであきらめてしまい、そのまま放置して症状が悪化してしまったということもよく聞きます。

以前とは違い、AGA治療を専門とした病院もありますので、自分の症状がどんなことを原因として起こっているのかを聞いた方が、無駄な出費や時間を費やさなくてもよくなることになります。育毛剤を使用する前に、一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。体の一部である髪の毛の異常は、体の異常からくることも考えられますので、人間ドックなどで調べてみるものいいかもしれません。

というように、髪の悩みがでた=育毛剤の使用と短絡せず、育毛剤を使い始める前に、専門家に相談することが、改善への近道だと思います。そこで、カウンセリングをうけ、そのまま治療してもするのも手かと思います。いずれにしても、はじめが肝心です。髪の悩みを解消するためには、早めの効果的な対処をすることが必要です。

毛生え薬の効果ってこれだけなの?産毛は生えてきたけど変わらない

髪の毛は、最初から太くたくましいわけではありません。髪の毛が生えそろっていない赤ちゃんをみてみると、最初は細くやわらかい髪の毛が徐々に生え換わっていき、黒く太くなっていきます。これは赤ちゃんに限ったことではなく、大人でも同じことが言えます。発毛した産毛が、毛根からの栄養で成長していき、やがて太くたくましく伸びていきます。

育毛剤を使って効果が出てくると、薄くなった部分に細かい産毛が生えてきます。光に当てるときらきらした細いものが見えると思います。それが産毛です。これが生えてきたら、すぐに太く長い髪の毛に変わっていくかといえば、残念ながらそうではありません。そうなるためには、もう少し時間と手間がかかります。育毛剤を使うようになって最初の壁はここです。「結局、産毛しか生えないのか」とあきらめてしまう方や、あきらめないまでも別の育毛剤や方法に変えてしまう方が多くいらっしゃいます。

育毛は、現状維持ができたら合格点と考えてもよいといわれる中で、産毛とはいえ、髪の毛が生えたのであれば、まずは目標が達成されたといってもいいと思います。産毛が生えたということは、頭皮環境の改善がなされた、今後、より改善される土台が出来上がったということになりますので、もっと喜んでいいと思います。

髪の毛の伸びる速さは、性別や年齢、体調、栄養状態、また季節によっても異なりますが、平均一日に約0.4mmで、一ヶ月でも約12mmです。30歳を過ぎるとこの速さが遅くなっていくのが通常です。というように、髪の毛の成長には時間がかかります。焦らずケアを継続していけば、いずれより良い効果が見込まれるかもしれません。髪の毛が生える環境は整ったのですから、継続あるのみです。

気になる薄毛や脱毛対策を検証!育毛剤と発毛剤とは何が違うのか?

薄毛や抜け毛が気になりだしたら、育毛剤や発毛剤での対策を検討し始めると思いますが、巷には数多くの育毛剤や発毛剤が販売されています。日本製のものもあれば海外製のものもあり、どれを選んだらよいか迷ってしまうほどです。では、この育毛剤と発毛剤は何が違うのでしょうか。効能や効果などについての違いを見ていきたいと思います。

まず、医薬品か医薬部外品かという点です。育毛剤は主に医薬部外品、発毛剤は主に医薬品と分けることができます。医薬部外品である育毛剤は、副作用が少なく穏やかに効いていくというものですが、医薬品である発毛剤は、治療薬という性格が強く効果は期待できるものの、副作用がでる恐れがあるといったものです。ちなみに、養毛剤というものもありますが、これは化粧品という分類になります。

次に効能や効果についてですが、読んで字のごとく、育毛剤は毛を育てるもの、発毛剤は毛を生やすもので、そもそもの効能・効果が違うといえます。育毛剤は今ある髪の毛を育てていくために使用し、頭皮の血行促進や毛根への栄養補給などを行い、髪の毛や毛根を元気にするために使用します。一方の発毛剤は、抜け毛などで毛がなくなってしまっている毛穴から発毛させるのが目的で使用します。「腰がなくなった」、「毛が細くなってボリュームがなくなった」、「抜け毛が多くなった」という場合は育毛剤を使用、「髪の毛がない頭皮に毛を生やしたい」という場合は発毛剤を使用というように、目的によって使い分けなければ、期待した効果が表れることはありません。

このように違いがある育毛剤や発毛剤ですが、共通点があります。共に今日明日で効果が出るものではなく、長く付き合っていかなければならないということです。自分の症状に合ったものを使わなければ、費用と時間の無駄ですし、場合によっては「いらぬ副作用」で余計に頭皮や体に負担をかけてしまうばかりか、精神的にダメージを負ってしまう場合もあります。このようなことを回避するためにも、自分の症状がどのようなものなのかを今一度確認する必要があるといえます。

抜け毛や薄毛の原因「フケ」対策での育毛促進剤の効果は?

濃い色の服で方に白いフケが乗っているのは、見た目にもあまりいい印象を与えるものではありませんよね?新陳代謝によって起こる生理現象ですので致し方ありませんが、頭皮が何らかの異常を教えてくれている場合が多く、このフケが抜け毛などの原因になっていることもあるので、注意が必要です。

フケは、頭皮表面の細胞の新旧入れ替わりにより、古い細胞が角質化し頭皮から剥がれ落ちたものです。頭皮の皮脂の量によって、「乾性」と「脂性」に分けられます。「乾性」は、冒頭に書いたようなフケで、頭皮の皮脂の取り過ぎが原因です。「脂性」は、皮脂によりベトベトになっており、毛穴に詰まることもあります。ホルモン分泌や栄養バランスの異常、細菌の繁殖といった原因により起こるものです。

女性の場合、シャンプーやリンスのしすぎに注意です。女性の薄毛に多い原因の一つで、「乾性」のフケがでやすい環境を作る上に、頭皮を痛めてしまい抜け毛から薄毛という症状につながっていってしまいます。シャンプーなどの回数を減らすのはもちろんですが、頭皮に優しい育毛用のシャンプーなどに変えるのも効果的です。

男性の場合は特にですが、女性も注意が必要になってきたのが、生活習慣や食生活の乱れによる男性ホルモンの増加です。これが「脂性」のフケがでやすい環境をつくってしまい、頭皮の炎症を招き、抜け毛や発毛障害につながってしまいます。これを改善するためには、男性ホルモン増加のもととなる生活習慣などを見直すことはもちろん、こまめに洗髪をおこなうこと、殺菌剤の配合された育毛剤などを使って頭皮を殺菌することが効果的です。

いずれにしても、「たかがフケ」と甘く見ず、しっかりと対策を行うことが必要です。

毛生え薬の使用前後で気になる頭の「かゆみ」について

虫に刺されたり、肌が荒れたりした時などにでる「かゆみ」というのは、不快で、さらに我慢ができないものですね。無意識に掻いてしまって血が出たなんてことを経験された方も多いと思います。頭にかゆみが出た時には、抜け毛だったりフケがでたり、炎症を起こしたりと症状を伴います。この対策として、育毛剤を使う方がいらっしゃると思いますが、使用後にも、このような頭のかゆみがでることがあります。育毛剤の使用前後にでるかゆみについてみていきたいと思います。

頭皮のかゆみは、何らかの頭皮の異常を知らせてくれている警告と捉えた方がよさそうです。乾いたフケが出るようであれば、シャンプーなどが合わなかった、または使い過ぎということが言えますし、湿ったフケの場合は、皮脂とフケが混じり、毛穴を詰まらせて炎症やかゆみを発症させてしまいます。シャンプーやリンスを良く洗い流してない場合にもかゆみが出ることがあります。いずれにしろ、頭皮を健康・清潔に保っておけば、かゆみが出ることはありません。ですので、頭にかゆみを感じたり、フケや抜け毛などが気になるようになったら、育毛シャンプーや育毛剤で、頭皮の環境整備をしていきましょう。

しかし、育毛剤などで、頭皮の環境整備を行っているにもかかわらず、かゆみが発生する場合があります。これは、その育毛剤が体質に合わないものだったり、適量を超えた量の使用などにより頭皮が汚れたり荒れてしまったという原因がほとんどです。これではかゆみを抑えるどころか全く逆効果となってしまい、お金と時間を使って、かゆみや炎症、もっといえば薄毛を進行させているのと同じです。育毛剤などを使用していて、少しでも異常を感じたら、すぐにその育毛剤の使用をやめ、自己判断をせずに、専門家(病院や薬剤師)へ相談するようにしましょう。

後悔する前に!男女とも若いうちから育毛剤で薄毛予防を!!

薄毛や抜け毛に悩んでいるのは、中高年の男性だけではなくなってきました。若い男性ばかりでなく、女性にもこういった症状による悩みが増えているのが現状です。

薄毛や抜け毛は、
・生活習慣や食生活の乱れ
・ストレス
・喫煙・飲酒
・病気・投薬
などからくるのですが、結局のところ、多くの原因は、頭皮の血行不良・状態の悪化、男性ホルモンによるものといえます。当然のことですが、この原因をなくすことができれば、症状は改善され悩み解消となります。ただ、これが難しいのですが、早期に対策することが有効かつ効果的であることは間違いありません。

対策としては、薄毛や抜け毛になってしまった生活習慣などを見直すことから始め、症状に応じた育毛剤・発毛剤を使っていくということしかありません。「まだ若いから」、「ほっておいたら治る」などといって処置せず放置しておいたら取り返しのつかないことになってしまいます。

薄毛やハゲてしまったら、人の目を気にするようになり、人を避けるようになっていき、性格が暗くなったという方が多くいらっしゃいます。ハゲてしまった場合は、元に戻すことは至難の業であり、費用も時間もかなりかかります。ウィッグで対策するという方法もありますが、初期費用やメンテナンスに思った以上の費用がかかる上に、「バレたら」という不安に駆られて生活しなければならないというケースも多く、根本からの解決とはなりませんので、これも対策としてはお勧めできません。もともと老化によりこのような症状がでてきますが、すこしでも発症を遅らせることで、見た目の若さをキープすることができます。

少しでも気になるようでしたら、将来後悔しないためにも、それに気づいた今から対策を行っていきましょう。

低刺激がうれしい!敏感な方へおススメの育毛促進剤

現在数多くの育毛剤が販売されていますが、この中には、アルコール濃度を高めにしたものなど、頭皮に強めの刺激を与えることによる使用感を感じさせるためだけのものが多く存在しています。実際に使用すると、刺激が強く「効いている感じ」がしますが、これらの刺激を与えている成分が頭皮に余計な負荷を与えていることになってしまっています。特に敏感肌などの肌の弱い人では、刺激の強い育毛剤を使用すると頭皮が荒れてしまったり、かぶれてしまうこともあります。刺激が全くないのも「大丈夫かな?」と思ってしまいますが、頭皮の環境整備のためにもできるだけ無添加で低刺激なものの使用をオススメします。

頭皮は他の場所と違い、皮膚が薄く、特に生え際は刺激に敏感です。強い刺激を与え続けると、頭皮の状態が悪化しやくなってしまいます。刺激性の成分として多く使われているエタノールは粘膜刺激で反応してしまってかゆみが出る場合があります。男性用育毛剤はこの刺激成分が多く含まれていることが多いので、男女兼用のものに変えるだけでも、刺激が抑えられます。女性用であれば、刺激性が少ない保湿中心の成分多く含まれ、敏感肌の方でも使用しやすくなっています。ただし、男性と女性の薄毛の原因は違うものである場合が多いので、刺激の面だけを重視して女性用を使用しても効果がない場合があります。

育毛は、頭皮の環境整備が重要な要素となっています。荒れた畑では農作物の実りが少ないように、環境整備がされていない頭皮では、丈夫な髪の毛を育てることはできません。できるだけ頭皮に優しい育毛剤を使用したいものです。

毛生え薬にも副作用?!薬の種類と副作用についてのお話

育毛剤には、医薬品と医薬部外品がありますが、医薬品である育毛剤を使用すると、これに含まれる成分により、副作用が出る可能性があります。この医薬品である育毛剤には、ミノキシジルとフィナステリドがあります。

ミノキシジルは、多毛症が発症する副作用をもつ高血圧治療薬から研究・開発したものです。これに含まれる「プロピレングリコール」成分がアレルギー反応を引き起こし、程度は人それぞれですが、頭皮にかゆみが発生します。もともと高血圧治療薬だったことからの副作用として、低血圧、動機、頭痛、胸痛、手足のしびれ、むくみなどが発生することもあります。

フィナステリドは、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われていましたが、副作用で発毛するという患者がいたことから、研究・開発が進み男性型脱毛症の治療薬として使われるようになりました。ミノキシジルほど強い副作用は認められていませんが、男性ホルモンに作用するため、性的機能の低下が起こることがあります。

これら医薬品は病気治療を目的に生産されていますので、症状を改善する効果は高く、医薬部外品の効果とは比べものになりません。しかし、その反面副作用が出てします恐れがあるということです。通常薬局でも手に入れることができますが、まずは薬剤師などの専門家に相談した上で、使用したほうが良いと思います。やはり素人判断では危険ですので、できるだけ医師の診察後に使用するのがいいでしょう。どうしても個人で手に入れて使いたいというのであれば、副作用が起こりにくい国産のものから始めるのがいいと思います。

1 2 3 4 >