育毛剤と発毛剤とは何が違うのか

気になる薄毛や脱毛対策を検証!育毛剤と発毛剤とは何が違うのか?

薄毛や抜け毛が気になりだしたら、育毛剤や発毛剤での対策を検討し始めると思いますが、巷には数多くの育毛剤や発毛剤が販売されています。日本製のものもあれば海外製のものもあり、どれを選んだらよいか迷ってしまうほどです。では、この育毛剤と発毛剤は何が違うのでしょうか。効能や効果などについての違いを見ていきたいと思います。

まず、医薬品か医薬部外品かという点です。育毛剤は主に医薬部外品、発毛剤は主に医薬品と分けることができます。医薬部外品である育毛剤は、副作用が少なく穏やかに効いていくというものですが、医薬品である発毛剤は、治療薬という性格が強く効果は期待できるものの、副作用がでる恐れがあるといったものです。ちなみに、養毛剤というものもありますが、これは化粧品という分類になります。

次に効能や効果についてですが、読んで字のごとく、育毛剤は毛を育てるもの、発毛剤は毛を生やすもので、そもそもの効能・効果が違うといえます。育毛剤は今ある髪の毛を育てていくために使用し、頭皮の血行促進や毛根への栄養補給などを行い、髪の毛や毛根を元気にするために使用します。一方の発毛剤は、抜け毛などで毛がなくなってしまっている毛穴から発毛させるのが目的で使用します。「腰がなくなった」、「毛が細くなってボリュームがなくなった」、「抜け毛が多くなった」という場合は育毛剤を使用、「髪の毛がない頭皮に毛を生やしたい」という場合は発毛剤を使用というように、目的によって使い分けなければ、期待した効果が表れることはありません。

このように違いがある育毛剤や発毛剤ですが、共通点があります。共に今日明日で効果が出るものではなく、長く付き合っていかなければならないということです。自分の症状に合ったものを使わなければ、費用と時間の無駄ですし、場合によっては「いらぬ副作用」で余計に頭皮や体に負担をかけてしまうばかりか、精神的にダメージを負ってしまう場合もあります。このようなことを回避するためにも、自分の症状がどのようなものなのかを今一度確認する必要があるといえます。