育毛剤などの併用での効果はいかに

育毛剤や発毛剤を併用したら効果は倍増するのか

禿げ方や髪の量などは人それぞれです。その対策として育毛剤や発毛剤とうたわれているものが、数多く存在します。しかし、同じようなものであっても効能が若干違っていたり、そもそも効能が違うものであったりとさまざまです。その人の症状にぴったりあったもので効果がでるものを探すのは一苦労ですし、育毛剤を一種類にしぼって使用した場合、すべての症状が改善されるかもあやしい限りです。

では、このようなさまざまな育毛剤を症状に合わせて組み合わせることは可能なのでしょうか。また、同じような効能をもった育毛剤を併用してみたら効果が倍増といったことはあるのでしょうか。こうしたことについて、検証していきたいと思います。育毛剤には、頭皮に塗るタイプと、飲むタイプ、シャンプータイプがありますので、それぞれを併用した場合をそれぞれみていきます。

塗るタイプ同士の併用についてですが、そもそも育毛剤は、各メーカーが目指した効能を1つで賄うように生産されており、併用による効果については検証されていません。この検証を「育毛剤を使う人が行う」ということは、「自分で育毛剤を開発する」ということと代わりません。これには、多大な費用と時間がかかります。たまたま併用したら良い効果が出たという場合でも、すべての方に同じ効果が出るとは限りません。特に、塗るタイプの育毛剤は、程度の大小はあれど刺激のあるものですので、これが併用によって頭皮に負荷をかけてしまい、逆効果が出るという可能性がないとは言えません。皮膚の炎症や病気は、思った以上にダメージが長引きますので、こうしたことからも、おススメできません。

飲むタイプ同士の併用は、かなり危険です。サプリメントの併用であれば、さほど問題はないと思われますが、前述の副作用が出る可能性がある育毛剤は、飲むタイプに多く見られます。「飲み合わせが悪い」ということは十分に考えられますので、専門家に相談してからお試しください。

シャンプータイプは、あくまでもシャンプーです。これをいくら組み合わせても、育毛や発毛に効果があるはずもありません。育毛効果はないとはいえ、シャンプータイプは、保湿や頭皮環境改善に効果があります。頭皮に塗るタイプは頭皮が皮脂のつまりなどで汚れていると、効果が期待できませんので、シャンプータイプで頭皮を清潔にした上で、頭皮に塗るタイプで処置していけば、効果がありそうです。これに、飲むタイプを組み合わせれば、さらに効果が期待できそうです。

ただし、育毛剤の成分の中には、単独でも副作用を起こす可能性があるものがあるということを知っておいてください。もともと別の病気の治療に使用されていたものが、副作用的に毛髪へ良い効果をもたらしたことから、育毛剤の成分になったものもあります。つまり、もともとが病気に対しての薬ということなので、その薬の副作用が発生する場合があるということですし、その薬を使用しなければならないという症状が出ていない方が使えば、思わぬ問題が発生する可能性も否定できませんので注意が必要です。