毛生え薬の使用でとガンになるのか?

毛生え薬とガンとの様々な関連性についての噂を検証

育毛剤や発毛剤の使用で副作用が出ることがあります。頭皮のかゆみや炎症などです。以前は塗るタイプがメインであった育毛剤も飲み薬の登場で、副作用も他の部位への影響もでるようになってきています。低血圧、動機、頭痛、胸痛、手足のしびれ、むくみや精力減退などです。この飲むタイプの育毛剤や発毛剤によりガンを発症したというような噂がありますが、本当のところどうなのでしょうか。これを検証していきます。

飲むタイプの発毛剤は、主に「ミノキシジル」や「プロペシア」といった、以前は別の症状への薬だったものに発毛作用の副作用がでたため、発毛剤として研究開発されたものがあります。これらは、医薬品であるため発毛効果が期待できるのですが、副作用がでることがあります。前述の他の部位への影響であげたものがその症状となります。血行促進や男性ホルモンの抑制を目的としているため、これら副作用以外の害はありません。血圧に異常がある方や今後子作りを予定されている方へは勧められませんが、健康な方であれば専門家による指導のもと使用していくことで発毛効果が期待できます。

ガンになるという原因は様々ですが、以上の副作用からみても、育毛剤や発毛剤の使用のみが原因で発症するということはなく、間接的な原因となることも考えにくいと思われます。この噂の出所は定かではありませんが、根拠となるものも見当たりませんので、単なる噂として安心してもいいと思います。もし、この噂が本当であれば、薬品としての認可が取り消されているはずですし、まず、専門家である皮膚科の病院や、薬局で処方されていることからも、まったく関連性がないといって間違いないと思います。