育毛剤が目に入った時の対処と注意

こするのは厳禁!覚えておきたい育毛剤が目に入った時の対処の方法

市販で売られている「塗る(振りかける)タイプ」の育毛剤は、頭皮の血行を良くするために刺激を与える成分が含まれています。人によっては刺激が強すぎて頭皮が荒れてしまうようなこともあるようですが、「効いている」感じがしますよね。この塗るタイプの育毛剤は液体のもので、スプレーやボトルに入っていて、直接頭皮に振りかけたり塗ったりして使います。「液だれしたものが目に入った」、「スプレーしたものが目に入った」というのを良く聞きます。このように、誤って目に入って目が痛くなったことを経験している方も多いと思います。

もし、育毛剤が目に入った場合は、当然ですが、目に入れていいものではありませんので、他の異物が入った時と同様、すぐにしっかりと目を洗いましょう。この時に反射的に指でこすったりしてしまうことは絶対にしないようにしてください。育毛剤が目の中に残ってしまうことがありますので注意しましょう。また、育毛剤の成分が目の周辺など目以外の箇所にも付着していた場合、予期せぬ弊害が起こる場合もありますので、できれば顔全体も洗っておきます。育毛剤の効果は徐々に効いていくものですので、まゆ毛やヒゲが濃くなるようなことはありませんが、育毛剤の刺激成分による肌荒れの防止のために行っておきます。目の洗浄と洗顔後、まだ目が若干しみていたり、スーっとした感じが残っていることが多いので、少し様子をみて、次のような症状が出るようでしたら、眼科や皮膚科の診察を受けるようにしてください。

目にかゆみや痛みが発生した
目の周りが腫れた
目の周りや顔の皮膚に異常がでた

今回は目に入った場合について焦点を当てていますが、おでこ(もともと髪の毛が生えていなかった所)に肌荒れなどが起こることがありますので、液だれやスプレーでおでこに育毛剤がかかってしまった時にも、注意してくださいね。