育毛剤の市販薬を利用するための条件

市販の毛生え薬は本当に効くのか?そのメリットとデメリット

市販されている毛生え薬(育毛剤)は、実際にどのくらい効くのかという疑問を多く耳にします。皮膚科に行って、処方してもらうほうが、いい薬をもらえるのではないかという意見が多い中で、今回は市販されている育毛剤について解説していきます。

育毛剤には、医薬品と医薬部外品と化粧品という3つのカテゴリーが有り、それぞれ使用目的が微妙に異なります。一般に皮膚科などで処方されるのは医薬品に分類されるもので、効果が強く、症状を直接改善させるものが多いのが特徴です。市販されているものには、3種類全てありますが、その中でも多いのが、医薬部外品で、これは育毛剤というより、脱毛予防品というものが多いです。そのため、いざ脱毛の症状が出てからそれらの市販品を購入して使用しても、既に症状が進行しているので手遅れになるケースが多いのです。そんな場合は、市販品に頼らずに、素直に皮膚科や頭髪専門の医師に相談すべきでしょう。

皮膚科に行った場合、問診によって、担当医が患者の症状に適した薬を処方してくれることがほとんどですので、自分であれこれと調べる必要はあまりないのですが、市販されている薬を自分で購入する場合は、話が違います。成分や効用を事前にしっかりと調べた上で、適切な育毛剤を選択しなければいけません。おまけに、改質によって、薬の効き目に個人差があるため、適切な薬を選んでも、効かなかったりすることも多々あります。

それらを踏まえて、今回のまとめとしては、育毛剤の市販薬を購入する場合、事前の情報収集が必須であることと、自身の症状と体質を完全に把握することが不可欠であるということです。この二つを理解した上で、正しい育毛剤を購入できれば、市販薬でも、十分に効果を実感することができるでしょう。