ミノキシジル配合の育毛剤の効果と副作用

薬だから効く?!ミノキシジル配合の育毛剤の効果と副作用

以前は、医薬部外品のものしかなかった育毛剤。これに医薬品のものが登場し、この効果に期待して使い始めた方も多いのではないでしょうか。医薬品ということは「薬」、まさにハゲの治療薬というものという意味を持つからでしょう。

この医薬品に含まれる成分で、「ミノキシジル」というものがあります。もともと高血圧の治療に用いられた薬の副作用で発毛効果が見られたことから、研究・開発が行われたものです。壮年性脱毛症によって小さくなってしまった毛穴に直接作用し、短くなった髪の毛の成長期を長く伸ばすことができるという効果があるため、髪の毛を太く長くすることができます。男性の脱毛の多くは、男性ホルモンの過剰分泌によるものですが、この「ミノキシジル」は、男性ホルモンの影響を受けることなく作用し、効果を発揮できるのです。この効果は世界的に認められており、特に頭皮の血行促進に効果があります。

しかし、ハゲの治療薬として効果が期待されている「ミノキシジル」にも、デメリットがあります。もともと薬ということもあり、この成分が配合されている育毛剤をしようすると、副作用が出てしまう恐れがあるのです。

その副作用とは、
・頭皮のかゆみやかぶれが起こる場合があること
・頭痛・めまい・動悸といった症状がでるばあいがあること
というものです。ハイリスク・ハイリターンといったところでしょうか。このようなことから、女性、未成年、高血圧・低血圧などの血圧に問題がある方、内臓疾患がある方が使用することはできないので注意が必要です。

この成分が配合されている育毛剤を買い求める際、国内製の場合は、副作用の発症が考慮されこの成分を少なめに配合されていますが、外国製の場合は、多めに配合されている場合があります。実際に相談しながら「見て買える」ところでの購入が安心で、のちのち安全である可能性が高いと思われます。