プロペシアの特徴及び、長所短所の説明

毎日飲むだけで薄毛改善!最新育毛促進剤プロペシアの実力

発毛に興味・関心を持っている人であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれないプロペシアについて、今回はわかりやすく、その特徴と長所・短所について説明していきます。

第一に、プロペシアとは、一体どんなものなのかについて、概要を説明します。まず、プロペシアという物質は存在しません。これは商品名で、正式名称はフィナステリド:化学式C(23)H(36)N(2)O(2)という成分のことです。この成分は、体内のDHTという物質の分泌を抑制する効果を持っており、それが、脱毛症予防に役立つのです。DHTとはジヒドロテストステロンという物質ですが、正式名称は長い上に読みくく、あまり知られていません。通称、男性ホルモンの一種です。これが頭皮などにある皮脂腺の受容体と結合し、大量の皮脂を作り出します。生成された皮脂が毛穴につまり、脱毛の原因になるのですが、フィナステリドは、このDHTを発生を抑えるのです。

第二に、プロペシアの特徴です。これが、誰を対象としているのかについてです。最も代表的なのが、男性型脱毛症(AGA)に対しての効果です。プロペシアの対象者は、ほとんどこの患者のみと言っても過言ではなく、男性型脱毛症のほぼ全ての対象者に効果があります。症状の改善、進行の遅延、脱毛の阻止等、どの症状の段階に対しても効果を発揮します。ですが、女性や未成年者には、使用が禁じられています。

第三に、長所と短所についてです。プロペシアは、飲む育毛剤とも言われ、頭皮などに使用するわけではありません。そのため、手軽に利用することができ、効果の保証されているので、男性型脱毛症の患者には積極的に利用されています。また、わざわざ皮膚科に出向かずとも、通信販売や市販で手に入れることができます。便利で効果も強い反面、いくつかのリスクやデメリットも存在します。まず、その価格です。プロペシアは、保険が適用されていません。自由診療と言われるのですが、ともかく、通称の医薬品に比べて、割高に設定されています。不自然に安い海外の輸入品などは、偽物である可能性が高いのも注意が必要です。ごくわずかの確率で副作用が発生する場合があります。この成分の効果は、前述のとおり男性ホルモンの分泌抑制です。そのため、それに関係するいくつかの症状が低確率かつ軽微な状態で発生することがあります。例として性欲減退・頭痛・肝機能障害などがあり、特に肝機能障害は、肝臓が弱い患者が服用すると、重大な事故に発展するケースがありますので、注意が必要です。