毛生え薬の種類と副作用についてのお話

毛生え薬にも副作用?!薬の種類と副作用についてのお話

育毛剤には、医薬品と医薬部外品がありますが、医薬品である育毛剤を使用すると、これに含まれる成分により、副作用が出る可能性があります。この医薬品である育毛剤には、ミノキシジルとフィナステリドがあります。

ミノキシジルは、多毛症が発症する副作用をもつ高血圧治療薬から研究・開発したものです。これに含まれる「プロピレングリコール」成分がアレルギー反応を引き起こし、程度は人それぞれですが、頭皮にかゆみが発生します。もともと高血圧治療薬だったことからの副作用として、低血圧、動機、頭痛、胸痛、手足のしびれ、むくみなどが発生することもあります。

フィナステリドは、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われていましたが、副作用で発毛するという患者がいたことから、研究・開発が進み男性型脱毛症の治療薬として使われるようになりました。ミノキシジルほど強い副作用は認められていませんが、男性ホルモンに作用するため、性的機能の低下が起こることがあります。

これら医薬品は病気治療を目的に生産されていますので、症状を改善する効果は高く、医薬部外品の効果とは比べものになりません。しかし、その反面副作用が出てします恐れがあるということです。通常薬局でも手に入れることができますが、まずは薬剤師などの専門家に相談した上で、使用したほうが良いと思います。やはり素人判断では危険ですので、できるだけ医師の診察後に使用するのがいいでしょう。どうしても個人で手に入れて使いたいというのであれば、副作用が起こりにくい国産のものから始めるのがいいと思います。